雨具の選び方と値段について

2015年6月9日

雨具の選び方とその値段について解説していきます。一般的には雨具(レインウェア)は通勤・通学はもちろん勤務中およびアウトドア・レジャーにおいても、様々なシーンにおいて準備しておきたい物になるわけですが、この雨具をおおまかに分類していきますと、ゴアテックス素材を使用した(ゴアテックスモデル)とそれぞれのメーカーが独自開発をした防水浸透素材を使用しております(メーカーオリジナルモデル)、それから廉価版として防水素材ではない簡易のカッパとよばれる(ビニールモデル)などと3つに分けられます。機能面に対して当然値段も比例するのですが、この中で、(ゴアテックスモデル)と(メーカーオリジナルモデル)は防水性のほかに蒸れを防ぐ機能も備えているので、使用感が(ビニールモデル)と格段に違ってくるわけであります。(ビニールモデル)は確かに値段も安く求めやすいのでありますが、急場しのぎにしかならず、雨はしのげても長時間使用しておりますと、中のほうが蒸れてきて、不快感のみならず気候によってはその後の体の冷えにつながりかねません。そういった意味においても、特に長時間にわたるアウトドア・レジャーなどにおきましては、耐久性と蒸れを防ぐ防水浸透素材を使用しております(ゴアテックスモデル)および(メーカーオリジナルモデル)を選択するのが賢明であるといえます。もう少しこれらのモデルの特徴を解説していきますと、(ゴアテックスモデル)の場合、最大の特徴はその防水性の高さにあります。さらに蒸れを防ぐ透湿性や冷たい風から体温低下を防ぐ防風性もあり、素材の耐久性も非常に優れたものがあります。しかもこの(ゴアテックスモデル)は軽量・コンパクトを各社考えてラインナップの中でもトップモデルに設定していることが多く、したがって値段も比較的高価になっております。つづいて(メーカーオリジナルモデル)なのですが、これも基本的な構造は(ゴアテックスモデル)と共通しているのですが、最大の特徴はそのコストパフォーマンスにあるといえるでしょう。雨具を選択するときに、いくら良いことがわかっていても価格が高すぎるのでは選びにくくなってしまうわけですが、この(メーカーオリジナルモデル)は基本的な性能を備えていてなおかつ雨具としての値段も比較的リーズナブルに抑えてあるということならば、予想される使用状況によってはベストな選択肢になる場合もあるわけです。

コメントはまだありません