今と昔のオリジナルTシャツの注文方法

2015年6月9日

15年くらい前の私が高校生の頃は写真屋さんの軒下に白いTシャツに写真がプリントされたオリジナルのものがぶら下げられて、注文して作れるという張り紙がしてあるところが多かったです。
その頃は写真をプリントするタイプのものが多く、いとこが体育祭でクラスTシャツを作ると言う時も写真をプリントしたものを注文していました。
15年くらい前はオリジナルTシャツの注文方法と言えばお店に直接行ってデザインを注文することが多かったですが、最近はインターネットが普及しているので検索するとオリジナルのものを作ってくれるお店は沢山出て来ます。
詳しく注文の仕方を見ると、自分が作りたいTシャツの色やサイズが決められるのはもちろんのこと、自分でデザインしたイラストや写真や文字をそのまま入れることも可能です。
お店が用意してある多くの文字やイラストと組み合わせることも、またそれだけでプリントしてもらうことも可能です。
自分で描いたデザインもメールに添付して送るだけなので全て家に居ながらにして自分が理想とするものが出来あがるのです。
完成予定のデザインがお店からメールで送られて来たりするので注文した人だけではなくプリントアウトして学校や注文をしたグループに持って行けば全員で情報を共有出来るので今の注文方法は便利だなと思います。
夏といいますとTシャツは欠かせないアイテムですね。
毎年さまざまなものを着て楽しんでいるという方もいらっしゃるのではないかと思います。
また、文化祭や学園祭、イベントなどで皆で同じ格好をするというようなこともあると思います。
そこで役に立つのがオリジナルで合わせた衣装ですね。
オリジナルTシャツの注文方法がわからないという方もいらっしゃると思いますが、最近では、ネットから簡単にデザインや文字などを選んで注文することもできるようになってきています。
こういったものをつくっておくと思い出になったりするので、そういった意味でも記念になってとてもいいですね。
これから学園祭シーズンということで、みなの雰囲気を盛り上げたり、お店などで着るスタッフのTシャツなどとしても利用できますね。
最近ではTシャツのみならず、タオルやキャップ、マグカップなどさまざまなものに同じデザインのものを印刷できるようになってきています。
ウエブで無料見積りなどもできますので、相談してみるといいのではないかと思います。
ちょっとしたプレゼントや贈り物などにしてもいいですね。
数によっては意外と安く作ることができたりするようです。
機会のある方はぜひ試してみてください。

コメントはまだありません