オリジナルTシャツの注文方法は難しい

2015年6月9日

オリジナルTシャツの注文方法は1口で言えばインターネットから業者のページで申し込むことになります。
その前に準備することは文字入力とソフトのインストールが出来ることです。
この2つが出来ますと1枚から何百枚と依頼することができます。
しかし1つでも出来ないことがありますと申し込みは出来ませんので諦めるしかありませんが町の印刷屋に依頼する方法があります。
ここでは2点を出来る人を対象に話を進めてゆきます。
業者のページではガイダンスに沿って入力が求められますが目的の枚数や決済方法などを決めるためです。
同時にソフトのインストールを求められますが絵柄の記入や色を決める等にあります。
それらが決まれば業者は印刷工程に入り後日、完成品を店や自宅まで配送される仕組みになっています。
イラストなどを描くのが難しいのであれば、業者のページでは参考になる絵柄を掲載していますので時間の節約にもなります。
インターネット上の製作ですが自分1人で出来ない場合を想定してソフトのインストールを求め共同制作をいう方法を採っています。
特注の場合は他の事の製作でも、共同制作が必要になりますので、その中で自分の作業も必要な部分を占めていますので、それを確実に出来ないと特注の共同制作は不可能です。
オリジナルTシャツの注文方法も今はいろいろありますよね。
以前、主人のプレゼントに愛犬をプリントしたTシャツでも送ろうかと、いろいろとネットで検索したことがあります。
すごく有名なサイトで機能付きTシャツ(冷感加工とか温感加工とかの機能のついたTシャツです。
)にプリントとかデザインを施せるといったものも見つけて、やってみようかなーとか思ったのですが、結局、やらずじまいでしたけど^^;なんでやらなかったかっていうと、画像のサイズ変更とかそういうのがちょっと面倒だったのですよね。
それで、やらずじまいなわけです。
その辺りがもう少し簡単にできれば、いいかなぜって思ったのですけど。
注文の仕方は、そのほかに生地の色(決められた色から選ぶ)サイズ、シャツの形などを選ぶというものでした。
生地の色とかも自由にもっと選べたらいいのですけど、コストがかかりすぎますか^^;あと生地もこだわれたら素敵ですよね。
あと、最近街に行った時に、印刷屋さんの前を通ったらTシャツの印刷承ります。
というのが出てました。
最近は、高校や大学の体育祭であったり、文化祭であったり、クラスや部でおそろいのTシャツを発注する。
というのも多いようです。
そういうのは、印刷屋さんでやったほうがしっかりやってくれそうですよね。
ネットでできるのは便利ですし、印刷屋さんでやってもらうのもちゃんと確認できていい。
それぞれに良さがありますよね。

コメントはまだありません